読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊実証ログ

幽霊探しアンド雑多なレビュー

【雑ノ談】思いきりの間違った使い方

 

強烈な猫ションの匂いが何処かからする。臭いの元を辿るとどうやら左手首から肘らしい。ちょうど猫トイレを丸洗いするための熱湯を準備していたところだった。

 

 


キッチンでケトルがぐらぐらと水泡を立てて騒ぎ、その音にハッとする。もう一度、腕の匂いを嗅ぐ。やっぱり臭い。経緯は分からないが匂いは本物であった。

 

 

 

猫の尿は水や石鹸で落ちる代物ではなく、臭いをさっぱり取り除くには熱湯を使う。これは猫飼いの間では常識だ。

 

 

 


光明、見つけたり。
このままクッサイ腕で布団に包まるくらいなら少しの痛みくらい耐えてみせよう。私は私に漢気を出した。ほんの少し熱湯をかけるだけ。大丈夫。

 

 

 

今迄も飛んだ熱湯や油を身体に受けても火傷なんかはしたことが無い。刹那のこと、火傷なんかするわけがない。煮え滾る水を右手にシンクに立つ。臭いの元を再確認して的を絞った。

 

 


ドドド。
熱湯は勢い良く私の腕に触れる。その熱湯はカップ焼きそばのお湯を捨てるときと同じ音をたてて排水口に流れていった。もう少し湯をかけたいところだが右手の動きを止めた。

 

 

 

 

想定より綺麗にお湯をかける事が出来なかった。しかしこれ以上、熱湯に曝してしまってはダメだ。本能が警笛を轟かせた。

 

 


ケトルを所定の位置に戻し、左腕をじっとみる。なんとなく赤い。赤いと言っても幼女が雪遊びをしてほんのり頬を染めた程度のいろ。大したことではない。私は都会で育ちながらも心に野獣を飼う女なのだ。過去に訪れたオーストラリアで出会った鋭い牙を持つタスマニアデビルの荒々しさと、何でも食らうイタチザメの獰猛さを持つ野獣を飼っている。

 

 

 

その野獣はかく語りき。

野 『もう終わりやで』

私「ほんまか」

『すまんな』

「ええんやで」

(このくだりを分かる人がいたら嬉しい)

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170412095324j:image
心臓が血を送り出すたびに腕に届く血液の流れが痛い。転んだ時の擦り傷の上を剣山で何度も往き来させるかのような傷み。馬鹿でも分かる!火傷体験!のはじまりである。

 

 

 

 f:id:jidaraku91:20170412095506j:image

流水に腕をあてて3分くらい経った頃、短気な私は蛇口を閉めた。ほんの僅かなとき、左腕を熱湯に曝しただけのことである。時間にすれば10秒にもならない事に18倍の時間にあたる3分も水に当てたのだからもう大丈夫だろう。

 

 

 

浴室に放られた猫のトイレに熱湯をかける。その間も左腕は痛みを脳に訴え続けた。『お前のチンケな過去の火傷経験を上回ってやるぞ!やるぞ!やるぞ!俺はやるぞ!』

 

 

 

 

火傷は喧しく左腕は小刻みに笑う。

私は傷みによって半泣きに近かった。心の野獣は尾を腹の下に入れて背を丸めてしまった。冷凍庫から保冷剤を出して患部を冷やしながら猫を撫でる。

 

 


今迄にこのレベルで痛い火傷は経験したことないぞ、アレアレ?と思ったのと同時に傷みはさらなる活躍を見せつける。時計を確認する。午前5時。

 

 


痛いが眠い。病院に行けども待つだろう。
そもそもまだ午前5時である。

 

 

 

 

 f:id:jidaraku91:20170412095628j:image

白色ワセリンが火傷に効くとネットで知り、即座に湿布。触るたびに飛び上がりそうになるほど痛い。白色ワセリンを塗りラップをすると痛みが引くらしかった。

 

 


言われた通りに実行し、更に患部を冷やし直して1時間が経とうとしている。火傷してから3時間が経ったが傷みは和らいでいない。クソウケる。

 

 

 

そしてこのとき、私は強い睡魔に取り憑かれ始めていた。

 

 

 

傷みと眠気の真剣勝負のゴングが都内某所のマンションで響いた。無我夢中でタオルを使って保冷剤を腕に括り付け、足早に寝床に向かう。それなりにふかふかの布団のなかに入ること数分。強い寒気がして少しも温まらない。当然である。左腕は蚊帳の外でキンキンに冷えた氷もとい保冷剤が括り付けられているのだ。しかし睡魔はあれよあれよと瞼を緩める。

 

 

 

しかし皮膚が超激痛い!!!

私が始まって以来の激痛である。これまで何本か骨を折ったり手術を経験してきたがこれほどの激痛は未経験だった。

 

 

 

先述した通りの、擦り傷に剣山を擦り付けたかのような突き刺す傷みと擦り傷特有のじわじわした傷み。これらと格闘し3時間以上耐えて今の私がある。

 

 

 

救急など今更駆け込んでは武士の名折れ。ここで負けてなるものか!と心で叫ぶものの、『深刻な火傷の場合は早急に医師に相談してください』とネットにあった一文が脳裏に浮かんでは時が経つごとに存在感を強めていた。

 

 

 

深刻な火傷とは到底思えない。

が、しかし。

数時間も傷みは継続するものなのだろうか?焼け爛れてこそないが、考えてみれば腕をしゃぶしゃぶしたようなものである。ロキソニンを飲んで腕の感覚が失われるほどに冷やしていたら傷みは次第に弱まり、私は睡魔のひとときの嫁になった。

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170412163401j:image

睡魔と別れを告げ、クソ現実に戻ってみると腕は水膨れを使っていた。赤く爛れた皮膚に触れると痛みが走り、風呂に入れば激痛が騒ぎ立てる。立派な火傷になっていた。

 

 

 

今朝、Twitterにぼやいたように私は現在、小田原から箱根。そして熱海から下田までの湯巡り散歩に出ている。クソだクソ。なんで火傷なんかしてんだ。15年ぶりくらいの火傷にして秘湯探しをする人のスペックではない。掃いて捨てたい。

 

 

 

しかし友達ができた。名前をブッシュと言う。

水膨れはずっと見てると愛着が湧いてくる。大きい水膨れの他に目視でも難しいほどの小さいポツポツもある。ポツポツは気持ち悪いけれども水膨れは触れるとふにふにしていて、なんだか可愛い気がしてきた。名前はもうある。ブッシュである。

 

 

 

由来としては押すとブッシュと水が出てしまうことからブッシュと名付けた。安易安直だが私の人生そのものが安易安直簡易簡潔であるため仕方がない。

 

 

 

 

 

▼まとめ

ネコションをくらった肉体を熱湯で処理してはいけない。私はわりに神経質で慎重な面を持つものの我が身のことになると豪快かつ適当である。それ故に酷い目にあった。すべては眼前ならぬ鼻前の悪臭を断つための行動だったが火傷処理の方がクソ面倒なので今後もう同じ過ちはしない。

 

 

愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶという。君は賢者となるか愚者となるか。今後のきみたちの決断を見守りたいものである。

 

 

 

オワリ

 

 

ps

火傷はわりとマジで痛いからもう二度としたくないし、将来死ぬときは焼死だけは絶対に嫌だと心底から思った。

 

 

 

【ネオ純文学】森見登美彦作品のオススメを4冊だけ教える!暇なら読書しよう!

f:id:jidaraku91:20170410161226j:plain

森見登美彦の小説はネオ純文学だと思う。純文学とは芸術性の高い文章のことを指すが彼の小説はエンタメやSFという枠に囚われない不思議な情緒と世界がある。言葉の美しさ、描かれた情景のゆとり。これはネオ純文学と言えるのではないだろうか。

 

 

ちなみに四畳半神話体系は知人に貸して返ってこない。私は基本的に人に本を貸すのは好きではない。その理由は私が読んだ本はたいてい、耳が折ってある。好きなくだりや言い回し、気に入った場面を読みたい時に何度も読み返すために頁を折っているのである。

 

 

 

本を貸すたびに『なんでこのページ折ってあるの?』という会話を幾千とした結果、面倒になった。本はもう貸したくない。勝手に耳を直してくれる輩もいた。それらの経験を乗り越えて2年ほど前に信頼した奴さんに本を貸したがかえってこなかったのである。

 

 

f:id:jidaraku91:20170410180813j:image 同じ本を買えばよいだけの話だと人は言うだろう。しかし読書と一言に行ってもそれぞれ違った思い入れがある。本の中身も読んだときの自分のこころも大事にしたい種族の私としては一冊の本を失うことは多大な損失である。しかしまあ時が流れ過ぎて2年とあればあの男はおそらく私の本を処分をしているだろう。

 

 

 

クソ野郎ちね!という思いを込めてここに一筆残しておく。本は返そう。たかが本、されど本。込められたものなど知らずに処分した外道に今後、降り注ぐ一切の幸福が私のものになりますように。きみの不幸は願わないやさしさ。君の幸福を全て寄越せば許してやると言うだけなのだから私こそ現代の菩薩ではないだろうか。え?違う?

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170410161226j:plain

森見作品で未読な作品は有頂天家族の続編と昨年に出た夜行の二冊だと思う。夜行に関しては『買ったけど勿体なくて読めない』という未知な言い訳により未読である。というのも森見の描くホラーが好きすぎるのである。

 

 

「またホラーを描いてくれないかなあ」と私の中に潜む少女が時々ボヤいていた。ここ3年くらいの話である。昨年発売された待望の新作、夜行がホラーだと知っていたからもったいなくて読めない。森見先生、エンタメで人気だからホラーを書く暇無さそうじゃん。エンタメも好きだけどホラーが特に好きなんだもん森見登美彦の作品は生涯追い続けると思うけどもっとホラーにスポットをあてて活動してほしいよ…2年だけでもいいからホラーに注力して…

 

 

今日は森見作品のオススメを紹介していくわけだけどもホラーに関しては『怖いのがダメ!』という人にも味わえる作品としてお話していきたい。彼のホラーは儚い。悍ましさというよりも空間の恐ろしさ、奇怪な人物を楽しめる。

 

 

森見先生、もしなにか縁があってこのブログを見たらぜひお願い。もっとホラーを描いて欲しい。きつねのはなしも好きだし宵山万華鏡も最高でした。宵山が特に好きで何十回も読み返してしまった。宵山万華鏡2でもなんでも嬉しい!書いて!オナシャス!

 

 

▼男性人気がダントツ!『ペンギン・ハイウェイ

f:id:jidaraku91:20170410161239j:plain

街に突如現れたペンギンたちはよちよち行進する。主人公の小学生はたいへん賢いので級友たちと正体と発生した原因を探す。懇意にしている歯医者のお姉さんとの夏の思い出、すべての問題が解決に向かうころお姉さんの不思議な力と役割が判明する。

 

 

「すごいね」とほめてくれるかもしれない。「ふぅん」と言ってくれるだけでも、ぼくはかまわない。もう一度、「ふぅん」というお姉さんの声が聞きたいとぼくは思うものだ。

少年の淡い恋とこれからの人生、時間が紡ぐ成長と未来を想像してしまう。ペンギンハイウェイのその後の世界も読みたくなる。いっき読み間違いなし。ちなみに私は恋愛小説はクソほど興味がないし心を動かされることもないけどこれは違った。

 

そしてこの作品は珍しく京都が舞台ではない。それゆえに森見作品の挑戦でもあったと思うが、京都なしにでも彼は立派な作家なんだと知った一冊でもある。

 

 ぼくがこれからの人生で冒険する場所や、出会う人たちのこと、ぼくがこの目で見る全てのこと、ぼくが考えるすべてのこと。つまりふたたびお姉さんに会うまでに、どれくらい大人になっているかということ。そして僕がどれだけお姉さんを大好きだったかということ。

ペンギンたちの可愛さも溢れ、物語の不思議な世界観に引き込まれて、自分のなかになかった夏休みを思い出し、主人公とお姉さんの関係を考えたり忙しい一冊になること間違いなし。ちなみに異性の友人ほど森見作品で高評価なのはペンギンハイウェイなので男性にオススメと言えるかもしれない。 

 

▼迷走する人間たちを笑ったりしんみりしてしまう短編『走れメロス

f:id:jidaraku91:20170410161245j:plain

 名作が京都を舞台に森見ワールドで参上。どうでも良いけどこのパソコンで「さんじょう」と打つと三条が一番に出てくる京都在住者らしい候補で笑った。参上だろ!ふつう!

 

 

ひとつひとつ紹介していきたいところだけど私にはそんな書く力はないので割愛するが、全体的にクッソ面白い。四畳半や夜は短し~が好きな人にオススメ。

 

「それにしても斎藤さんという人は、底抜けの阿呆でしたね」

夏目は言った。

「そうだねえ。阿呆だったねえ」

永田は嬉しそうに笑った。

「ねぇ、夏目君。僕が今でも尊敬しているのはあいつだけさ」

山月記に出てくる斎藤秀太郎は森見作品に出てくる人物で最も好きな一人である。彼はこじらせ過ぎて天狗になった男の話でこれは大変面白く不思議で少し切ないのでオススメだ。

 

 

男は首を横に振りました。男はもう女のことを書くつもりはありませんでした。そして女のことを書かない以上、男にはもう書くべきことは何もなかったのです。男がそういうと、女は「これからどうするつもりなの?」と訊きました。

 

「分からない。なにも分からない」

桜の森の満開の下坂口安吾の描いた世界とはまったく異なるが、恋と大人になっていく過程の切なさがなんとも言えない感じで大変よい。森見登美彦の寄せ集めという感じで読んでみよう。いろんな事を描ける作家なんだなあと分かる一冊。

 

 

森見登美彦初めてのホラー『きつねのはなし』

f:id:jidaraku91:20170410161228j:plain

文句なしに奇怪。読め。 

 

 

 

宵山を舞台に介在する人間模様と異世界模様『宵山万華鏡』←イチオシ!

f:id:jidaraku91:20170410161235j:plain

 短編だけど繋がってる系。一冊からぶっ飛んで異世界。

中盤の宵山回廊が特に好き。終わらない宵山と終わる宵山の噛み合うはずがない物語、宵山の人混みを駆け抜ける少女を追いかける男の理由、その男の娘、骨董屋と万華鏡。あちらとこちらを縫い合わせた一冊。きつねのはなしの後に宵山万華鏡を読んで確信したし森見作品に心酔したね。最高な作家がいたわと。

 

 

 

ちなみに森見登美彦以外にも好きな作家さんはいるけども、特に好きな作家というのはもうとっくに死んだ人達だったり一線で書いてたりしないから心底嬉しい発見だったんだなあ。ちなみに最近は筒井康隆を読み直してやっぱり面白すぎたから本はいいな。1年ぶりにまともに読書した。気が付いたら2日過ぎてた。そんなもんだな~。

 

 

 オワリ

▼更新通知はTwitterで!

twitter.com

www.instagram.com

『夜は短し歩けよ乙女』を観て来たから感想とか原作の話をする!ネタバレはしない!


『夜は短し歩けよ乙女』 90秒予告

夜は短し歩けよ乙女』とは森見登美彦原作のアニメーション映画である。キャラクターデザインは同作家、森見登美彦による四畳半神話体系を手掛けた中村佑介、監督は湯浅政明。アニメ四畳半の世界観が再び味わえる!ということで見に行ってきた。

 

 

f:id:jidaraku91:20170410160751j:plain

特典で劇中の後の世界、先輩から乙女に向けた手紙を貰える。これは前半と後半で種類が分けられており後半は乙女から先輩に向けた手紙を読める。うれぴ~!

 

 

▼あらすじ

f:id:jidaraku91:20170410161202p:plain

 後輩に片思いを寄せる先輩が大酒飲みで華奢な少女にストーキング紛いな事をしたりする気持ち悪い恋愛模様を描いた作品である(褒め言葉)。京都を舞台にヘンテコな学生たちと妖怪、李白を主軸に物語は動いて行く。様々な人物が線と点になっており話のテンポは良く原作、映画ともに面白い。

 

 

物語の節々で繋がっている人物やお店は『夜は短し歩けよ乙女』に限った話ではなく森見作品は見落としてしまいそうな部分で各作品で繋がりがある。下鴨幽水荘は摩訶不思議なボロアパートだが住めることなら住みたい。そこに変がある限り願ってやまない。

 

 

ちなみにナカメ作戦とはなるべく彼女の眼にとまる、という作戦で乙女の行く先に出掛けては偶然を装うという作戦である。お知り合いになりたい、声をかけたい。だけど日本男児たるもの出来ない。とにかく顔を覚えてもらおうと偶然の先を想像し期待する先輩。そんな事は知らぬ存じない乙女は堂々、夜の街を闊歩する。あらゆる人生と恋愛模様を歩いていく。そこにお酒がある限り。

 

 

とまあ、森見作品大好きマンである私からすると今回の映画はハッキリ言うとあんまりおもしろくなかった。というのも森見作品の特徴である独特の言葉のセンスとかあんまり…うん…という感じだった。しかし考え方によっては最高な作品なのかもしれない。

 

 

というのも監督や映画版の脚本を書いた人達が読んだ夜は短し歩けよ乙女のイメージを覗き見ているのだ、と思うと不思議な感慨がわいてくる。他人の読書体験を味わえるのだ。読書はひとりでするもの、それゆえに語り合う友人がいない私からすれば言い回しや先輩の雰囲気、乙女の所作で語り尽したような気持ちになる。

 

 

 

 

ちなみに原作とは細々と内容が異なる。

ひとつひとつを挙げるとネタバレになるから割愛するけど少し寂しかった。あと偏屈王のところ長すぎ。本ではそんな事は思わなかったんだけどなあ。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170410161054p:plain

古本の神が小津にそっくりなのも見どころ。むしろ小津って何者だったんだろうな。

 

 

 

 

世には大学生になれば恋人がいるという悪しき偏見がある。しかしこれは話が逆なのだ。「大学生になれば恋人がいる」という偏見に背を押された愚かな学生たちが、無暗に奔走して身分を取り繕い、その結果、誰にもかれにも恋人がいるという怪現象が生じる。そのことが、さらに偏見を助長する。

 

先輩というやつは少し頭が湧いている。というか初期の森見作品の主人公は大体頭が湧いていることが多い。京大の雰囲気をうまく書き起こせているとしか言いようがない。吉田寮やキャンパスの混沌さのなかにこんな物語があったら本当に面白いよね。

 

 

虚心坦懐に己を見つめてみるがよい。私もまた偏見に背を押されていただけではないか。孤高の男を気取りながら、その実、恋に恋していただけではないのか。恋に恋する乙女は可愛いこともあろう。だがしかし、恋に恋する男たちの、分けへだてない不気味さよ!

この一遍とか最高。それ以外にも桃色ブリーフだとかそういう言葉をよく思いつくものだと感心してしまう。本当に臭そうだしイケてない大学生の迷走が面白おかしい。男女関係なく迷走している期間というのはあるし、なにかと物事を考えたくなる時期というのはある。それゆえに自己投影してしまう事も多々ある。物語は広く1冊が終わってもまたどこかの短編で彼らの影を見つけられる。そういう意味でも森見作品が好きなのだ。

 

 

 

映画について色々語ろうにもネタバレをしない!と書いた以上、書けることはもうない。従って続編として森見作品オススメコレクション記事をお送りする。

 

 

更新を待て!

 

 

おわり 

www.instagram.com

twitter.com