読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊実証ログ

幽霊探しアンド雑多なレビュー

【これ以上人気になったら困る】最高にオイシイ、ふたばの魅力を語る。

京都は日本屈指の文化を持つのは己だと自覚がある街だけに京都で有名になるのと他の地域で有名になるのとでは格が違う。100年創業して初めて1人前と認知されるような土地ゆえに一代で商売に成功をしたところで歴史が浅ければ足元を見られる。そういう街なのだ。歴史は美徳、古さは誇り。

 

 

 

 

和菓子をひとつ取っても名店はいくつもある。気品ある菓子から庶民的なものまで様々で京都市内に広く多様な菓子店が分布している。そのなかで最もオススメしたい一品、出町柳にあるふたばを今日は全力でオススメしたい。

 

 

 

▼並んで食べたスイーツにがっかりした事はありませんか?

ふたばは創業117年の一人前、京都で太鼓判を押される菓子店である。その菓子店で一番人気なのは豆餅、いわゆる豆大福だ。店内で餅をついてるのでその歯触りから舌触りまで他の大福とは違う。塩で炊かれた豆とあっさりした餡子がお茶の旨さまでを引き立てる。もちろん主役は豆餅だが茶の美味しさまでも引き立てるなんて人間だったら最高の先輩と言えるだろう。

 

 

名代・豆餅

f:id:jidaraku91:20161001145635j:plain

 

 

6年前、京都の土地勘を手に入れ始めた頃である。早朝5時からサイクリングをして何も知らずに出町柳にたどり着き、「古そうな菓子屋だな。なんか買ってみるか」の流れで豆餅と出会った。買って早々に賀茂川に出て豆餅をぱくり。

 

 

う、う、うまい。

私の知ってる大福じゃない。まとめて豆餅を幾つも買って数日かけて食べるようでは豆餅特有の柔らかさは失われるだろう。まさに京都でしか食べられない完成した大福だと一瞬で理解した。観光客の皆さま、豆餅を食べよう。ふたばでの爆買いはやめよう。(売り切れて買えないのは悲しいから…)

 

 

 

▼久しぶりにふたばに行ってみた。

f:id:jidaraku91:20161001151109j:plain

カメラ一台とタレントとその他に10組ほどが並んでいた。平日の10時半の並び具合としてはこれくらいなのだろうか。

 

 

f:id:jidaraku91:20161001151603j:plain

 

買った!買った!買ったぞ~!!!と胸の中で絶叫歓喜しつつ、豆餅を食べるに相応しい場所に移動。

 

 

f:id:jidaraku91:20161001152038j:plain

 

見よ、この完成された和菓子美。豆餅の豆だけ無限に食べたくなる。豆の皮を美味しいと思えるようになったのは豆餅のおかげである。大福の中はこしあんで上品な甘さを持っており、豆が良い塩梅に運ぶ。よもぎ団子は餅がとにかく美味しいしよもぎは好物だから全身を包まれたいと思った。歯切れが完全に他の餅菓子と一線を画している。

 

 

▼豆餅とふたばのまとめ

aquadina.com

京都人も観光客一行も一度食べたら大好きになる餅菓子がある店、ふたば。一番人気だからと侮って試してみるといい。特別な和菓子体験をすること間違いなし。並ぶ列には男性客もおり老若男女問わず誰からも愛されている。出町柳駅から橋を渡ってまっすぐ歩けばふたばにたどり着く。つまり全ての道はローマふたばに繋がっていると言っても過言ではない。

 

 

 

私が死んだ時はふたばの豆餅とよもぎ団子を棺桶に入れてほしい、と心底から願う女。

キリンジでした!またね!

 

 

 

www.instagram.com

twitter.com

www.youtube.com

 

▼ランキングぽちを宜しくお願いします(; ・`д・´)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幽霊・妖怪へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村