読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊実証ログ

幽霊探しアンド雑多なレビュー

【雑】わが友、ブッシュは逝った!あと告知とブログセカンダリの流布。

雑談カテゴリばかり更新してすいません。しかし、私は来週あたりには帰京するため『ブロガーとして頑張っているんだな』という温かい目で読んで頂ければ幸いです。

 

 

 

さて、昨日に更新したとおり私の左腕にはブッシュという友人がいることをお話しした。しかし昨晩に眠っている時にブッシュは死んだ。

 

 

 

私の半分を睡魔に預けながら私はブッシュの死を察していた。そのとき胎児のように丸まっていた私は何故か膝でブッシュを蹴り上げてしまったのである。その突き刺すような痛みで意識が浮上し違和感を眼前にした。

 

 

しかし私は火傷の痛みでも寝るような女である。ブッシュから溢れ出た水分そのままに猫の存在をケツに感じながら再び寝た。そして昼過ぎに起床しブッシュの変わり果てた姿を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、グロい写真に注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:jidaraku91:20170413191025j:image

死んだ皮膚が右下に固まって変色し桃色の新鮮な肉が露出していた。なんとなくモザイクをかけておいた。此の期に及んでも私は病院嫌いなため皮膚科に行くことを躊躇った。13時から芝という変質者と遊ぶ約束をしていたし、現に芝は『最寄駅ついたー!お前んち行くわー!』と間抜けだ連絡を寄越していた。

 

 

 

ハッ!

ガーゼもねえ!何もねえ!

汁は止まらずズールズル!

オラァこんな腕、嫌だ〜

 

 

と歌いつつ患部の匂いを確認。

瘡蓋の匂いも擦り傷の匂いも好きではないんだけど嗅いでしまうんだよね。膿とかさ。これ周りの友人たちは同意してくれるし妙に盛り上がる話題の一つなんだけど世間一般ではどうなんだろう。素朴な疑問。

 

 

 

さて、匂いの感想を書きたいところなんだけど酷い鼻炎が続いているせいで分からなかった。クソですよクソ。こんなに汁気ある傷を前に匂いがわからないなんて怪我をした上で何も得るものがないではないか。得るものがないのであれば怪我なんてするんじゃなかった!話が違うだろ!

 

 

 

んで芝さんが我が魔窟に到着し、インターホンを鳴らしたは良いが私はキャミソール一枚である。上に何かを着たくとも傷に何かが触れると目玉が飛び出る思いがする。わりと真面目に痛い。風さえ沁みる。

 

 

 

そんなわけで適当に布をまとって患部に当たる生地に辟易としつつ芝を家に上げた。猫は芝が嫌いだから違う部屋に逃亡、私はグロいの大丈夫?という確認もなしに故・ブッシュを見せつける。すると芝は『予約何時から?』と言う。そうか。この感じは皮膚科に行くのかと察して私は医学の虫である友人に連絡しオススメの皮膚科を聞いた上で初診として某所に参上した。

  

 

参上したは良いが私と言う肉塊、164cmは震えていた。死のう、処置は痛いと確かな情報は手元にある!よし、死のう!しかし自死を決意するには理由が足りない!いつもこう!私の人生はいつも何かが不足している!

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170413191119j:image

めくれ上がった皮膚を切り取られ、何度も水攻めを受けて死ぬ思いがした。明後日の方向を私は見ていたけどそれでも時々、何が起こっているのかを確認して血の気が引いた。なんて事はなく、ただ痛さが何となく増すような気がして直視は出来なかった。

 

 

 

エル、知っているか。

皮一枚捲れると風が当たるだけで寒いし痛い。

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170413191535j:image

そんなわけでぱっと見、リストカットな人になった。余談だが腫れが原因で左右、何となく腕の太さが変わってしまった。なんでこんなしょうもない事で大きなけがには満たないけど小さい怪我から逸脱してるわけ?意味わかんないんだけど!と頭のなかで暮らすギャルは言う。

 

 

 

jidaraku91.hatenablog.com

前回の記事にブロガーお友達(私が勝手にお友達認定しているだけという現実)であるゴッグさんが、『教訓もクソもなく熱湯をかけたら絶対やけどするよね』と的確なコメントをくれた。

 

 

 

全くその通りである。

おそらく五歳児でもやらない。

しかし私はやった。『私なら熱湯くらいで火傷なんかしない。大丈夫』という思い上がりが原因である。その思い上がりは何故、どこで生まれたのか自分に問い質したものの真実は言語化されておらず未知である。

 

 

 

とにかくやけどを心配する読者はいないと思うけど念のため明らかにしておくと来週にもう一度病院に行って、それ次第で抗生物質を飲んだりするみたいだけど所詮は煙草一箱ほどの皮膚が焼けてダメになっただけなので心配は無用である。どうせ生えてくるし。二十代だからターンオーバーに期待して傷は残らんと思う。痛みも鎮痛剤をもらったから何ともない。超元気。

 

 

 

jidaraku91.hatenadiary.com

あと幽霊にまったく関係だけを書くブログ、幽霊実証ログのセカンダリであるオシャログにパニック障害が2年目に突入したので勝手に振り返り、反省し、どういう病気で、発症後の心のなかを晒しだす記事を幾つかに分けて書くから興味があれば読んでほしい。更新はTwitterに垂れ流します。不定期でぼつぼつと4本ほど更新する予定だよ!

 

 

 

京都に帰ったら廃墟凸と心霊凸を日程見て出かけるのでそちらは何となく頭に入れて、何となく楽しみにしていただければ幸いです。来週末には京都にいる予定だじぇ!

 

 

 

 以上、おしまい!

www.instagram.com

twitter.com