ressentiment、足りてる?

幽霊探しアンド雑多なレビュー

【Purge】12時間、すべての犯罪が合法になったら君はなにをする?

f:id:jidaraku91:20170618004134j:image

やっと気になってた映画「パージ」を観たぜよ。

 

 

 

あらすじ

年に12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪行為を合法にする法律が定められたアメリカ。パージと呼ばれるその日を迎えたジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)は、最先端のセキュリティーシステムによって保護された自宅で妻子たちと夜を過ごすことに。だが、パージがスタートするや、ある男がジェームズの家に助けを求めてやって来る。息子がセキュリティーシステムを解除して彼を家にかくまうが、男を殺そうとする近隣住民が続々と集結。暴徒と化した彼らに囲まれたジェームズたちは反撃に挑むが……。

 via解説・あらすじ - パージ - 作品 - Yahoo!映画

 

 

f:id:jidaraku91:20170618004210j:image

 パージ用のセキュリティシステムを売って大儲けした一家はパージの夜を静かに過ごすはずだった。それでもパージが始まるまでの夕暮れからご近所さんとの会話の端々に不安な空気を感じたり、娘との会話も心穏やかではない。まさか家族同士で殺し合うのか…?と下調べもなく観ていたから始終ソワソワ。どうなっちゃうの〜〜?!

 

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170618004220j:image

 娘の彼氏はかなり年上らしく父は大反対中。しかしパージの夜に彼氏は家に忍び込んでいたのである。「きちんと話し合いたいんだ」と言ってるけどアレだろ?銃口銃口を向き合った話し合いなんじゃないの?と思ったら案の定。

 

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170618004229j:image

 んで彼氏はパッパに銃殺される。え?パージが終わった後の親子関係どうなっちゃうの?と不安になったが終わりに全て杞憂になるのである。そんなドンパチを繰り広げている間、大声で助けを求める黒人男性を息子が家に招いてしまう。この息子はけっこう倫理だとかを重んじるタイプで将来的にパージ反対派とかになりそうだなと思った。

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170618004248j:image

 黒人男性を殺しに来たのは自称エリート集団。男を匿っているのは知っている、その男を粛清するのが我々の使命だと言う。男を引き渡さなければ家族もろとも皆殺しにするぞと勝手な話を進めてくるが、家の中で姿を眩ませた黒人男性探しと子供の身を案じる両親の姿が交錯する。この間もず~~~~~っとソワソワした。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170618004301j:image

 自称エリートが本当に社会的に優れた立場であったかは明らかではない。しかしパージ対策用のセキュリティを持てない低所得者などを標的にこれまでも嬲り殺して来たのは想像に容易い。あと後ろのマスクども超怖い。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20170618004432j:image

 一家の大黒柱はさすがで侵入してきた奴らを片っ端から撃ったり斧を振り下ろしたりと大活躍。しかし自称エリート集団のマスクをしていない男に腹を刺される。なんだかんだ家族に囲まれて最期を迎えるのでいいっしょ。

 

 

 

 

そこからは目が回るほど早い展開で子供たちが殺される前にご近所さんが助けに来てくれた、と思ったら彼らもまた野生を開放した獣だったのである。彼らはパージ用セキュリティシステムを売り上げて裕福になった家を妬み処刑に来たのである。

 

 

 

 

彼らは口々に『これでアメリカはもっと素晴らしい国になる』と言う。生き残った者は優れている、そういう意識があるのだろう。殺された側には理由がある。妬み嫉みを集める人間は死んで当然。そして生き残った我々は人徳のある素晴らしい人間でこれからのアメリカを作るのだと自負しているようであった。

 

 

きみは善についてどれくらい知っているつもりなんだね、と聞いてみたい。それくらいモヤモヤする。貧富の差、肌の色、宗教の違いでいがみ合う人達がこの丸い地球には数多くいる。パージってもしかして社会派映画…?と思いつつ観てるうちに映画は大詰めに。

 

 

 

 

黒人を外に突き出すか否かで家族喧嘩になった時から拘束されていた男が登場し、彼は家族の味方をし今にも殺されそうな子供達を守った。彼は彼を見捨てようとし、腹の傷を抉った奥さんを許したのである。そして指示を仰ぐ。子供たちを殺そうとしたご近所さんを殺しても良いか、と。

 

 

 

その時、旦那を亡くした妻は「静かにパージを過ごしましょう」と答えた。12時間が過ぎるまで彼らは同じテーブルについた。そこでも一悶着があったけど終了のサイレンが鳴って、それぞれ元の生活に戻っていった。

 

 

 

殺人、強盗、すべて合法の夜からまた司法のある暮らしへの回帰である。

 

 

 

最も犠牲者を出した年だったと言い、エンドロール。確か息子が何処かのシーンで「殺してもいい人間なんているの?」と言っていた。殺しても良い人間なんてこの世にいるだろうか。許すという行為の難しさや尊さを考えさせられる映画だった。

 

 

 

私的には低評価なのがちょっと残念。個人的にはもう一度観たい映画だ。

 

 

  

まとめ

f:id:jidaraku91:20170618013007j:image

  • 登場人物のわりに人がたくさん死ぬ
  • 12時間の緊張感がやべえ
  • 子どもだから社会の理屈が分からないという、良い意味での純粋さを思い出した
  • 仮面の人達こわい
  • もっと評価されても良いと思う
  • 面白かった!オススメ度75%!

 

 

 

おわり

www.instagram.com

twitter.com