ressentiment、足りてる?

心霊と廃墟の飲酒ブロガー

さらば、我が陰鬱と混沌の輝かしき独身時代よ

 


先日、Twitterで結婚とかいう法的拘束力がハンパない恐ろしい契約を結ぶことになったという旨のツイートをした。

 

 

f:id:jidaraku91:20181019091609j:image

現在は本籍地がとっても遠いので色々取り寄せ中の段階である。提出はカッパドキア君に頼んで自分はゴロゴロして待とうと考えている。

 

 

まさか結婚するなんて…

今の心境はこれである。

 

 

他にも加えて面白おかしい珍事が起きている事も後々にお喋りしたい。今はただ離れ行く一人ぼっちの楽しさを弔っている。

 

 

こんなことを書くと「二人で過ごしていて楽しくないの?」とか色々突っ込まれそうだけど、楽しいですよ。そりゃあ。

 

 

 

責任という二文字が実はとても真面目なkiri婆さんの心を締め付けるのよな。

 

 

「〜あらねばならない」という考え方は視野を狭くし、選択の自由を失い、かつ命題の追及を疎かにしがちであると思いながらもアラネバナラナイ思考に絡まっているものだから頭がいたい。

 

 

結婚するんだ♡

しあわせになるね♡

 

みたいな浮ついた感覚、ない。

この人でいいんだろうかという迷いこそないが、私で大丈夫?ちゃんと考えた方がいいよ!という思い。

 

 

だって私、公共の乗り物を一人で乗れないもの。未だにパニックと広場の波を抱えている。それらの弊害も全般手放せないままでいる。

 

 

 

それに加えて、私は人前に出て恥ずかしくない妻をやれるのか?という疑問と不安がある。

 

 

家事は苦手ではない。

でもなー、私の基本がうんちだからな。私のような性格の女は結婚に夢を見ないし、したいとも微塵も考えず、人生を謳歌して一人で死んでいくものだと考えていたよ。

 

 

 

そんな人間でもいいと思う変な人が世の中にはいて、ブログを通じて知り合って、まさか交際に発展し、一年にも満たずに結婚とかどうした。

 

 

 

天変地異か?

疫病とか出回るか?あ?

 

 

 

あー釣り行きてえなあ。

何度もキャストを繰り返して海面を見て煙草吸ってゴロゴロしたいが過ぎる。

 

 

 

というわけでブログの方向性を考えている。

以前から書いているけど下手の横好きで文章を書くのが好きだ。なんでもない事を面白おかしく書きたい人なのだ。廃墟や心霊スポット凸は一時的に難航を示しており、ブログ本来の趣旨と違った形式でしか継続することが出来ない。

 

 

 

違うブログ作るか?面倒くせえな!

 

 

 

んあ!つかれた!

おめでとうとやたら言われるし、これはめでたい事なのだ。陰鬱さを払拭し歓喜に浸ろうか。それが出来ていたらこんなことは書いてない。

 

 

ンマー!ママー?!!マッマ?!!!オギャー!オギャー!アーーーン!マンマ!

ちょいちょい幼児退行しないと自我を保てんわ。

 

 

 

 

結婚するわ。。。

ドレスとか絶対着たくねえ。成人式も仕事を突っ込んで逃亡した女だ。どうせカッパドキア君はこの記事を読むから書いておこう。白い服を着るくらいなら何者にも染まらないぞという強固な意志を持って黒い服を着よう。君は白を着たらいい。

 

 

 

心霊スポット凸なんて多くの人間がやってるし、私が抜けても何も変わらんやろ。なんか新しいこと探さないとな〜。

 

 

 

ps.

3つほどコメントをくれた方へ

とても多忙でコメントを即座に返せずごめんよ。未来人説は興味深いとは思うけど、未来人がいるとしたらそいつは生きてるよね。死んだ人間の存在と場所に興味があるからジャンル違いということで語るのは控えさせてもらうンゴ。