ressentiment、足りてる?

心霊と廃墟の飲酒ブロガー

<鶴橋駅ガード下・酒と串焼き>女将さんが丁寧に串焼きしてくれる人気店に滑り込んで来たレポ

 (酒?)テロリストに昇華しようとしているkiriだよ、皆元気にしているかい?前回の記事に続いて大阪の酒レポートを幾つか更新するから宜しくナス!

 

 

 

▼前回の記事はこちら

jidaraku91.hatenablog.com

 

 

 

▼電車を降りたらすぐに焼肉の匂いがする街・鶴橋

f:id:jidaraku91:20180521223915j:image

線と看板、そしてハングルが混ざり合う街の香りは焼肉屋。もう街全体が焼肉屋と言っても過言ではない。 仕事でクタクタになって空腹で放り込まれたら即死視野である。一言で鶴橋を言うなら「混沌と焼肉」だ。ダクト酒が捗る。

 

 

 

▼ダクト酒とは

 意識が低いとかの以前にない。カッパゴリラ犬と出会ってからの大きな変化は「生ビールが190円じゃない?!なんで500円超えるの?!!?!某店なら1000円以下で美味しいもの食べて瓶ビール2本空くよ?!?!?!」に続いて、「外で缶ものを飲むの最高な〜」である。

 

 

美味しい香りで飲む。そして今夜は何を食べて飲もうかを考える至福の時間である。なんならエア肴を楽しみながら飲んでいる。実質カロリーゼロな食前食だ。酒飲みの皆もぜひ試してほしい。

 

 

 

 ▼カッパゴリラ犬とkiriの鶴橋さんぽ、スタート!

f:id:jidaraku91:20180521223954j:image

 たくさん写真を撮ったんだけど筆舌に尽くし難い光景の連続だった。韓国料理屋さん、韓国料理に使う材料屋さんが並ぶ。業務用の品も多く並び、少し離れたところには生野コリアンタウンもあった。

 

 

食べ歩きのトッポギだとか韓国コスメやら韓流アイドルグッズのお店が並び若い子がたくさんいた。KPOPとかアイドルに興味はないけどコスメは気になるので女子旅と称して再訪したいものである。

 

 

 ▼ダクト酒のゴングが鳴った。

f:id:jidaraku91:20180521224101j:image

 カッパゴリラ犬君が再訪を望んでいた焼肉店は満席かつ長蛇の列だった。彼は悲しみの酒を啜り、私は邂逅を許されなかったウマ焼肉を夢見てダクト酒を堪能した。行き場をなくした我々は喫煙所を求めてガード下へ向かった。

 

 

 

 

カッパドキア「なんか並んでるな〜」

「人気店なんだろうな〜」

 

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180521224319j:plain
一度は店を通り過ぎたものの、一服を終えて再び店の前を通ると素晴らしき香り。覗いてみると数席だけ空いていた為、何方からともなく入店し最高の座席に着いた。
 

 

 

 

▼瓶ビール(中¥500/大¥600)

f:id:jidaraku91:20180521224459j:image

ヤッホーヰ!!!!座れた!!!!いいにおい!!!

 ビールは言語を超える。ただ美味しい、言語の壁も言葉もいらない。グッと飲んで目を合わせればお互いに何を考え感じているのかが分かる。お酒は使い方を誤らなければ最高の道具であり友である。飲み交わせば世界が出来る、友情が成り立つ、愉快が紡がれる。まあ私の場合は翌日には大体記憶を失っているのだが。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180521224125j:image

オホホホホ!焼かれておる!焼かれておる!

なんと芳しい!串を色々と注文して到着を待つ。 

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180521224138j:image

 この時間の愛おしさ、ハンパじゃない。

 

 

 ▼とろっと美味しかった!!!/チレ(¥600)

f:id:jidaraku91:20180521224200j:image

 串ものを付けるタレとチレ。

チレとは牛の脾臓であり生食が出来るお店は限られる。新鮮第一、冷凍が出来ない希少部位だ。これが魂消るほど旨かった。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180521224223j:image

レバー、ハツなど色々と2本ずつ。

後付けのタレがまたしっとり感を出すものの香ばしさは残る。超旨い串たち。

 

 

 ▼個人的に超オススメ!/チヂミ(¥500)

f:id:jidaraku91:20180521224244j:image

チヂミはカリカリのモチモチで最強だったからこれもまたオススメである。 お腹も膨れるし美味しいしビールに合うし最高の一品だった。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180521224302j:image

 追加オーダーした串。

美味しさが手伝って胃袋はゴジラと化した。これを私はゴジラの食欲と呼び、大食いをしているとカッパゴリラ犬君は「ゴジラになった?」とほくそ笑むのである。

 

 

 ▼メニューはこんな感じ

f:id:jidaraku91:20180521224347j:image

f:id:jidaraku91:20180521224403j:image

 コスパ最強とは言えないが新鮮で美味しいものを食べていると考えるとコスパは良い。お店の雰囲気もあって鶴橋に行ったらぜひ訪問してほしいお店である。

 

 

▼お店の詳細はこちらから

retty.me

 

 

 

阪飲みの記事はまだつづく。

というか大阪はホントに美味しいものが多すぎて書き残したい。京都で飲む、ビール一杯500円に抵抗を感じるほどのコスパの良さと美味しさ。値段相応なのは雰囲気だけで味は感想も湧かないというお店があまりにも京都には多すぎる。そこに発狂していた自分を癒やしてくれたのは京橋をはじめとする大阪という街である。

 

 

とは言え、京都にもウマ酒かつコスパ神店はある。検索したときに上位に食い込む「京都の立ち飲みの聖地」とレビューのあった某店なんかは個人的には聖地とは思えない。立ち飲み舐めすぎちがう?と思ってしまう。

 

 

立ち飲み屋を使うようになったのはここ1ヶ月くらいの新参者であるが大口を叩けるのは立ち飲みスキルを爆上げしてくれたカッパドキア犬君のおかげである。赤提灯のある店には夢があると前々から感じていたが今は強く思う、立ち飲み屋の赤提灯は正義であり魂のセーブポイント西成にある某店に訪問した過ぎ。

 

 

 

お洒落スタンディングバーで飲むなら、へしこを舐めて清酒を舐めていたい。私はそういう大人になってしまった。オサレ店を探し訪問する乙女は死んだのだ。いま、宿っているのは酒飲み爺であり記憶消去が得意で膝をやたら擦り剥くワンパクなジャリである。要は阿呆。

 

 

最近は転ばない為にヒールを履くことをすっかり辞めてしまった。経験から学ぶというのはこういうことである。

 

 

SNSもよろしくナス!!

www.instagram.com

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

 

<墓ビューも楽しめる!?>大阪・京橋に来たらウマ海鮮と爺に会いに「とよ」に行かないか?

 

 よっす!ここ最近、酒ツイばかりしているkiriだよ!

酒ツイがない日は泥酔が早くて即死してるんだなと思ってほしい。ここ数日のツイートの穴は酔っ払い始める時間が早いからなのよね。肝臓がもうダメなのかもしれん。

 

 

 

 GWが終わってから随分と経つんだけどもGW中の話に遡る。私は恋人のカッパゴリラ犬に連れられて大阪は京橋で過ごしていた。

 

 

 ▲カッパゴリラ犬の画像はこちら。

 

 

 

京橋は控えめに言っても酒飲みに優しく最高な街である。

西成ほどではないが、独特の匂いを持った街であった。あと何処と無く我が地元、川崎に似ている。どんなどころが川崎に似ているかと言うと、

  • 酔った爺が時間帯問わず生息している
  • 飲み屋がやたら多い
  • パチンコ、風俗、水商売が入り乱れている
  • クッサい川が流れている
  • キャッチがあらゆる場所にいる

 

こんなところである。ネットでは川崎国と言われ、オフラインでは「西の尼崎、東の川崎!な!」とやたらドヤ顔で言われる場所である。川崎は育った街であるせいか、皆が言うような治安が悪過ぎる街という自覚がない。まあそんなもんよね。

 

 

 

イメージが一人歩きしてるだけで実際は普通の街だと思う。でも生息する人間の質は子供の頃より上ってる気がするのはここだけの話である。まあ川崎駅にあるアトレやラゾーナがリニューアルしていたりオサレ度は年々上がってはいると思うが、個人的には「BEがあったあの川崎とは思えない」と複雑な心境であったりする。

 

 

 

 

 

 青空・立ち飲み・墓、コスパ最強ウマ海鮮の「とよ」

f:id:jidaraku91:20180521195411j:image

立ち飲みをするようになって1ヶ月くらいなんだけど青空のしたで飲み食いするのは初めてでワクワクが過ぎる。ちなみに開店して間も無く行ったんだけど続々とお客さんが来ては長蛇の列を作っていた。 

 

 

 

 ▼氷の入った冷蔵庫から取り出したビール!

f:id:jidaraku91:20180521195606j:image

 こんな景色でお酒を飲むなんて初めてだ…とまたワクワクを引き立てる「とよ」。何にもまだ食べてないけど好きだ、この店大好きだと気持ちが沸き立て過ぎる。

 

 

 

▼3点盛り一人前(赤身版)/¥2400 

f:id:jidaraku91:20180521195525j:image

 最初に運ばれて来たのはカニとネギが豪快に盛られた一皿。ポン酢で味付けしてあり、さっぱり美味しい。しかもこれが3種盛りの1つなのだから謎である。

 

 

 

▼3種盛り来た〜!!!!!!

f:id:jidaraku91:20180521195629j:plain

カッパ巻きの上に大勢のウニが乗り込んでいる。赤身はぶつ切りで豪快な盛り、イクラも負けていない。見れば旨味が伝わる完成度、とよ爺はできる爺。

 

 

f:id:jidaraku91:20180521195659j:image

「はあああああ、なんて贅沢」と心の中で絶叫するも眼前は墓地である。私が死んだら此処で眠りたい。そして酒盛りする連中にコッソリ混ざりたい。 実はイクラが苦手なのだが美味しすぎてメッチャ食べた。

 

 

 ▼とろ鉄火/¥600 

f:id:jidaraku91:20180521195727j:image

 こんな鉄火、見たことない。食べたこともない。

ただただ美味しかった。味がした、とろけた、ナイス歯ざわり、舌触り。価格が高くて美味しいのは当たり前だが、安くて美味しいものは店主のこだわりと優しさの現れである。とよ爺、美味しいものをありがとうと合掌したい。

 

 

 

▼名物「マグロ頬肉の炙り」 

f:id:jidaraku91:20180521195751j:image

ファイヤー!!!そして歓声。

我々はとよ爺の目の前の席だったのもあって超興奮した。「下調べしてるときに見たやつじゃん?!?!?!!!凄すぎ!!!!?!?!!!!」と爺を観察しながら3種盛りに手が伸びる。止まらない。うますぎ。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180521200039j:image

 手も一緒に燃えとる。もう爆笑。

ちなみにインスタに動画を投稿しているから観たい人は下記のリンクから飛んでくれ。

 

 

▼マグロ頬肉の炙り・半人前/¥450

f:id:jidaraku91:20180521200001j:plain

香ばしい香りが鼻腔をくすぐる。このネギ、本当にいい具合にドッサリで噛み締めて出る旨味をさっと包み込んで酒の肴としてのレベルを上げてくる。我々の止まらない麦酒愛はヒートを重ね続けた。

 

 

カッパゴリラ犬「これもう肉やん?!??!!!!!うま過ぎる!!!!!!!!ダメだ!ウマ過ぎ警報発令〜!!!」

「うおおおお!マジだ!これは旨いが過ぎる!!みんな逃げろ〜!!」

 

 

 ▼カニ酢・半人前/¥450f:id:jidaraku91:20180521195831j:image

 た〜っぷりのカニ身❤︎

これで450円は正直、気が狂ってるとしか言えない。我々はウマ過ぎ警報の発令を重ねて満腹となった。基本1人前で小皿系は半人前でオーダーするのをお勧めする、量が異常だし色々と食べたい1〜3人ならそれくらいが良いと思う。

 

 

季節ごとにメニューも違うそうだから我々も再訪する日を指折り数えている。最高な店は京橋に密集していた。GWの殆どを京橋で過ごし毎晩飲み歩いたからこそ、言える。

 

 

 

この街は最強であると。

 

 

 

 ▼お店の詳細はこちらからドゾ。

retty.me

 

 

 

あ〜、何度見ても最強なんじゃ〜!

https://www.instagram.com/p/BjCeFqElluD/

ブログ用うぴ#京橋#大阪#立ち飲み#とよ#海鮮#さしみ#飯テロ#sashimi#osaka#kyobashi#jp#jp_gallery

 

 

SNSもよろしくナス!

twitter.com

www.instagram.com

 

<そんなもん無かった>西成で謎酒を探してきたレポート!!

 

f:id:jidaraku91:20180501164235j:image

 日、6年ぶりくらいに電車で梅田まで行ってきたkiriだよ。梅田駅周辺は超が付くほど変貌中で本当に驚いた。

 

 

 

ちなみに今回も一人じゃないのでこのブログの過去の特性であった単独の機会はなくなったけど、あんまり問題ないよね?

 

 

 

 んなわけで恋人が出来たんですよ。

出会って12日で交際に至ったわけにも関わらず謎の安定感を生み出すパワー系京都男子で、ゴリラ性を落伍者の皮を被って隠している。ちなみに交際から今月で2ヶ月となるが仲良しである。

 

 

年齢を天然でカサ増ししており、「俺、23歳だった」と聞かされた時は一瞬だけ他界した。初めての喧嘩は「なんで23歳なんだよ!」だった。それから色々とあったものの、更に仲良くなって戻ったという惚気話である。

 

 

 

さか私が人を好きになる日がくるとは。特筆すべきは彼は愛煙家であり酒も嗜み、赤提灯のあるお店と本を愛している。そんなん意気投合するに決まってるよね〜。

 

 

 

まあ読者の皆様は私が誰と交際していようと興味はなく、さっさと奇行を綴れと考えてることはお見通しなのでこのへんで紹介はやめる。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164258j:image

 梅田からまた電車に乗って新世界へ。

車内はそこそこ混雑していて持病により、他界視野だったんだけど余裕だった。電車は夢の箱、人々を知らない場所へ運んでくれる素敵箱でもあるのだ。

 

 

 

新世界を通り過ぎ「大阪すげえ」と考えながら西成方面へ向かうと激安自販機が。そう、これ。西成といえば大体の人の頭をよぎる存在。

 

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164322j:image

高校にあった自販機なんかよりずっと安いから本気出せばこんな価格でもやっていけるんだね。薄利多売ってやつなのかしらと考えながら業界のブラックさを想像してゾッとしたのはここだけの話である。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164358j:image

カルピス50円は安すぎるし20円は見た事も無い珈琲だった。 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164441j:image

自販機を物色しながら謎酒探しのため中心部へ。独特な雰囲気と匂いに圧倒されるものの負けない。ちなみに西成で一番有名とされる公園は多くの高齢者(おじいちゃん)で賑わっていた。

 

 

 

この街にはオッサンとお爺さんしかいないの?と疑いたくなる風景だった。明らかにヤ○ザ者みたいな人を見かけたり、地べたに座って和かに笑う爺がいたり異世界ではあるが雰囲気的には好きだった。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164500j:image

もう一つの大きめな公園では聖書勉強会の看板が出ていて、恐らく参加する事で食べ物が貰えるシステムなんだろうなと気付くのに時間はかからなかった。

 

 

 

お酒の自販機を探しては覗いたが、低価格で売られている謎酒は見つけられなかった。

 

 

 

 

そんなわけでペットボトルに入った、alc.8%のお酒を飲んで謎酒への想いに焦がれた大阪旅である。

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164525j:image

てかコンビニで買うより安いってなんだよ…ジュース価格で焼酎ハイボール買えるよ…

 

 

 

謎酒は見つけられなかったものの、大阪旅は続いた。美味しいものを食べて植物園やら博物館に連れてってもらい、とても充実した2日間を過ごした。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180501164647j:image

大阪らしいものも食べたし秘密にしたい、不思議なローカル的な粉物も食べた。謎酒探索は情報を更に集めてから再訪問しようと思う。

 

 

 

々、メンヘラブログの方で大阪ネタと現状報告でもしたいと考えているので興味があればどーぞ。リンクはTwitterアカウントトップから検索するか、過去記事から飛んでくれると楽だす。

 

 

 

おちまい

 

witter.com

www.instagram.com