ressentiment、足りてる?

釣りと廃墟とネコ(ホラー映画もたまに)

ペット葬儀会社さんってすごいなと思った話とか色々

ちゃっす!フコが逝ってから早いもので2週間が経過しました。

前回更新したやつのもちょい濃い感じで書いていきたいと思います。

 

ペット葬儀会社

いろんな会社があって料金やオプションも人間同様で多様化していて、なんなら受付時間も24時間体制で驚きました。いや〜だってこんなにすぐ手配出来るもんだと思わなかったもん。電話してある程度のオプションとやりたい事を述べて料金説明してもらって、日程決めて終わり。

 

大阪はもう夏日に近いのもあるし、冷蔵庫に保管できるほど小さくないしアイスノンだけでは心細い大きい猫なので死後から24時間が経過する翌日の夕方に来てもらった。

 

 

火葬炉を乗せたワゴン車は時間通りに来た。

 

「大変、ご愁傷様です」

名刺を渡してくれた初老の男性はオプションの説明とサービスでつけているという骨を少量だけ持ち歩くストラップ(?)と顔写真のストラップから2つ選んで下さいと言うのでストラップ2つにした。持ち歩くのも骨を見るのも受け入れられないと判断したからお骨上げも出来ませんと言った。

 

 

それからは前回書いたように生前の体を清める所謂、清拭を私とオットでやった。その次に末期の水、死水を強い綿棒みたいなやつでお口をチョンチョンと濡らした。そして可愛らしい数珠を渡されて手に通してあげてくださいと言われたままに通した。

 

 

「それではお家での最後のお別れとなります。私は車に移動います。お別れの言葉をかけたりやりたい事をしてください」

 

フコと私とオットの二人と一匹になり、さっきまでと同じように撫でてキスをした。本当に逝ってしまうんだなと思った。

 

家にはまだ阿呆な白黒猫とか弱き乙女の三毛猫がいる。でもそれぞれが違う芳香を持ち、撫でた感触も異なる。私は一番最初に猫の柔らかさや匂いを知ったのはフコだった。いつまでも忘れたくないと思って固くなった肉の上にある毛を何度も何度も撫でた。

 

体勢の問題もあって額にキスは微妙にズレたけど何度も何度もいろんな場所の匂いを嗅いだ。絶対に忘れないよ。死なせてしまって本当にごめん、血栓が詰まる前にもっとなんか異変があってきづけたらと後悔が何度も押し寄せる。

 

段ボールにすっぽり収まったフコを抱いて玄関を出ると夕方ならではの日の傾きが妙に心地よかった。初夏になるんだと思った。陽の方向にフコを向けて「こんな日に日向ぼっこするのが好きやったな」と話しかけた。

 

 

火葬炉にフコとお花と大好きなおやつを入れた。

「では最後のお別れです」と言われた時、たまらなくなってまた撫でてキスをした。オットも同じようにいていた。そして火葬炉は閉まり1時間後程度にまた訪問しますと言って見送った。

 

 

人間の葬儀や火葬より簡易的だが同じ手順を踏むこと、仏様になるってそういうことなんだなあと思った。ちなみに私は仏教ではなく神道なのでまあ死後の世界はマルチだと言うことで彼女の好きなようになってくれたらいいと願った。

 

1時間後、骨壷(見慣れた?あの袋に入ってるやつ)を受け取った。小さくはなったが重たかった。きっとでかい骨が入ってるんだろうなとなんとなく思った。あいつは骨太で元気でいつまでも赤ちゃん気分で独占欲と愛情深い黒猫で私はとても彼女が好きだった。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by kiri(nao) (@413ddddd)

早朝に「布団に入れろ」と頭や布団をカシカシされるとウザいししつこい!と何度も思ったがそれ以上に何度も愛しいと感じていた。そんな存在がいなくなってしまう寂しさは言葉にならない。寂しい、侘しい、苦しい。

 

 

 

無理矢理にでもいい話ばかりを思い出そうと思った。だって死は生の終着点だけど経過は絶対に大事じゃん。終わりよければ全て良しってのはそれ以外がクソだった場合にのみ適用すると思ってる。

 

 

49日の法要もきちんとやる。私が何もかも終わった、人生終わったと思った頃にやってきた猫なので猫とはいえ恩人で大好きなので。

 

 

しかし心の片隅というかまだまだど真ん中に彼女は鎮座していますが日常に戻りつつあります。ああやだなあ、こんな日常に慣れたくね〜つの!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 次回はデリダの検診でも更新しようかな〜。

廃墟行こうって誘ってるんだけどコロナのおかげで誰も乗ってくれねんだよね〜

は〜。生きねば。

 

 

愛猫フーコーが突然死しました。

 

自分の気持ちを整理するためにもアウトプットしておきたい気持ちと猫を飼おうとしている、或いは飼ってるすべての人たちに「こういうこともあるのか」と知って貰いたく書き起こしています。

 

 

 

気持ちの整理がつかず、普段よりも数段疎い文章になりますがそれでも良ければお付き合い下さい。

 

 

は?フーコーだれ?という方はこのあたりの記事をご覧下さいまし!

jidaraku91.hatenablog.com

 

 

この辺りは我が家のねこ事情は最近のものは更新がありませんが、こんな感じで猫3匹と暮らしていました。あとはTwitterでは猫ネタは小出し?というか何かあったらツイートしています。

jidaraku91.hatenablog.com

 

 

 

さてフーコーの死についてその息を引き取るまでを簡単に整理していこうと思います。フーコー(以下、フコ)は今月11歳の誕生日を迎えました。が、肛門腺肥大で初っ端から病院で肛門腺絞りをされて宇宙猫になっていました。

 

 

 

 

とまあこんな感じで今月の上旬から中旬は過ごしてました。やっとカーラーも取れて自由になれた数日後、普段猫たちがのんびり過ごしている部屋に異変を感じたのです。

 

 

その部屋に入ると真っ先に来るのがフコでした。まあ他の猫の時もあるんだけど大抵、お迎えに来てくれなくても目の届くところにいるのが普段だった。でもその日は見当たらなくて「はは〜ん。これは何処かに粗相をして隠れてるのかな?」と考えながら名前を呼んで辺りを見回しました。

 

 

「ワオン、ワ〜オン」

普段とは違う鳴き声が聞こえて声の元をたどる前に姿が見えました。いつもと違う困った表情、抱き抱えようとすると激しく鳴く。焦る私、状況は理解出来ませんでしたが浮かんだ病気がありました。

 

動脈血栓塞栓症

これは心臓病を持つ猫が併発しやすい病気であり死因になるものです。我が家の次女、三毛猫のデリダは肥大型心筋症に急性期を乗り越えました。獣医さんやネットで調べる限りを尽くして知っていた病気です。一刻を争う、そんな病気なのだけは理解できて心臓が止まる思いがしました。

 

抱き抱えて名前を呼んで粗相をした状態だったのでそれを綺麗に拭いてペットキャリーに詰め込んでかかりつけの病院に行きました。診断は想定通りのものでした。その日は血栓を溶かす点滴と痛み止めの点滴をしてもらいました。体温も37度後半で低くはありますが、一縷の願いはありました。

 

その日はそのまま帰宅しました。でも痛み止めが効いてる様子はなく普段よりずっと気弱な様子でついにその晚から食事も取らなくなりました。大好きなウェットフードですら。

 

 

翌日、また病院に連れて行きました。食事や水を欲しがる素振りはするけど自力ではできない事を伝えました。でもまあ1日だけの絶食で脱水症状もなく点滴をするにもむくみが出ていて注射しか出来ませんでした。その代わりに飲み薬を2種類もらいました。そしてまた明日、診察にきて下さいと言われました。

 

 

今、入院しても入院時にできることは限られてますからと。

それに住みなれたお家で過ごす方がリラックスできますよと言われました。

 

 

そして注射が効いたのか夜までは呼吸も楽そうでした。でも少し違和感を覚えたのはやたらと冷たいフローリングに出ていくところでした。猫は死期を悟ると寒い場所に行きたがります。それが脳裏によぎりました。でも心筋症の猫がいるおかげ(?)で呼吸数の数え方も知っていましたし、急変したらその時は動けばいいと考えていたのです。

 

 

私の愚かな心、思考と判断を嘲笑って下さい。

そして大切な唯一無二の種族は違えど大事な友人を家族を失いました。

 

 

浅い呼吸を続けているフコが長い呼吸、まるで深呼吸のようなものが混ざるようになりました。苦しいの?どうしたの?と声をかけながら握ってくれてる指を握り返して3分ほど話かけました。

 

 

この時、もう前足まで冷たくなっていて体温はほとんど36度あるかないかだったのではと今は思います。そしてオットを呼んで30分もしないうちにフコは深い呼吸と呼吸停止を繰り返しました。

 

 

その間、私はなんの言葉も浮かばずにただ撫でて「大好きだよ」、「苦しい?」くらいしか話かけかれなかったような気がします。脈を手で取っていたので心拍が止まった時にすぐ「あ、止まったよ」と声を捻り出すのがやっとでした。

 

 

そして息を引き取ったフコをいつものように肩に顔が乗るようにして抱っこして、匂いを嗅いで額にキスをしました。毎日していたことを変わらずにやることが私にとっての精一杯だったのです。

 

 

 

そして初めて知ったのは息を引き取ったばかりの猫はとても柔らかく、首が座らない赤子のようでもありました。オットも同じように抱きしめてキスしました。そして二人で排泄ができなくなっていたので改めてフコの体を拭いて丁度いい大きさの段ボールに彼女を入れました。

 

 

そして葬儀会社に連絡して葬儀と火葬の準備を進めたのは覚えています。

 

 

 

 花言葉とか柄ではないのですが、美しい黒い毛をまとったフコによく似合う赤い薔薇を選びました。彼女はとても私を愛してくれました。かつての恋人なんか霞んで見えなくなるくらい、甘えて愛してくれていました。その返事は毎日返していましたが、改めて。

 

 

あなたの美しさを忘れない。あなたのくれた愛は特別で私もまたあなたを愛していたという意味で薔薇を選びました。

 

 

死から24時間が経過し、翌日は葬儀と火葬でした。

葬儀会社さんはすげ〜!良かったのよ!

まあこれは次回に書きたい、世の中は素晴らしい仕事に満ちている。

 

 

 

 

生きていくのは難しい。

子育てを通さなくても猫を飼わなくても人間とほとんど関わらなくても生きていくのはなんか難しい。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20210428034524p:image

そんな感じで私の愛した黒猫は逝きました。彼女の人生は幸せだったのか、夢の中で会って話してくれたらいいなと思ってます。

 

 

 

犯罪の香りを嗅ぎにイこう!in大阪⭐︎

 

大阪に引っ越して2年目の冬でござい!

全く土地勘のない状態からある程度はわかるまでに成長したキリです。

 

 

 

 

秋ですね、て言うか1年すぎるの早過ぎません?息子、気付いたら立って少し歩くまで成長してるのに対して特に目に見える成長がない私でございます。何故や、何故私は成長してへんねん、何が起きてる?

 

 

 

さて、今回は久しぶりの奇怪でも廃墟でもなく犯罪の香りを嗅ぎに行ってきました。今回は珍しく?オットがちょっと気になる場所があると言い、聞いてみると大阪で跋扈していると言う車の盗難とそれらやパーツが海外への流失に関係する話だと言う。 

 

 

少し話が逸れますが我々は共通の趣味に釣りがあり大阪のあらゆる釣り場に時間が許す時に出没しておりまして、入国者に超絶警戒中の海を見た時は異常性を感じたものです。

 

 

 

それとまあこれは噂話程度で耳にしただけですがコンテナに詰めてしまえば分からないと言う理由で盗難車、パーツ、他色々と違法なものが流入出する場だとか何とか。まあ海沿いの開かれた場所ならではの話何でしょうけど。

 

 

 

 

そんな訳ありの車の墓場、あるいはパーツを抜き取られた安置所とそれを放置し続けている大阪某所の気味悪さを味わいました。

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20201107111709j:image

某所に到着。もうすでにヤバイ。

高級車が多いのがまたなんとも言えない。奥に見える軽なんて捨てるのを前提に車内がゴチャゴチャです、これについては後半に。

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111635j:image

パッと見、普通なんですけどナンバーがない。そうか。ここからが墓場なのね。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111656j:image

クラウンの事故車。もちろん、ナンバーや特定出来るようなものは何も残されていない。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111605j:image

放置が長い車は煤が広がり猫の足跡が残る。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111639j:image

H28と書かれています。不正駐車として認識してから何年経過してんねんって言う話。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111630j:image

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111618j:image

事故車でも何でもなくホイールもそのまま、とても綺麗な状態の高級車が煤を被ってナンバーを無くし何台も止まっている異様な雰囲気。こんな場所はなかなかお目にかかれない。時々、車の墓場みたいな廃墟もありますが高級車が並ぶ場所は見たことがありません。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111649j:image
f:id:jidaraku91:20201107111718j:image

ちょいちょい破られてるのは近所のガキンチョが遊びでやってるのかな?

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111621j:image

ここで登場。捨てられるべきして捨てられた車たち。

軽や普通車に多い印象でした。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111704j:image
f:id:jidaraku91:20201107111600j:image

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111723j:image

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111728j:image

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111741j:image

ペットキャリー、小型の爪とぎ、女性ものの衣類などが一緒に捨てられていました。当然、身元が分かるようなものは残されていない。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111732j:image
f:id:jidaraku91:20201107111644j:image

車以外にも不法投棄も始まっているようだった。

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111745j:image

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111626j:image

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111613j:image

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111714j:image

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111556j:image

これとかもうね、乾いた笑いすら出ない。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111700j:image

改めてみると手前のレクサスは一番新しい放置車なのだろう。

 


f:id:jidaraku91:20201107111609j:image

まだまだ動きそうな車が多い中、私が強く思ったのは「どれでも良い、捨てるくらいなら1台くれ。クラウンかレクサスでいい。色が黒だしコーティングも綺麗だし本当捨てるくらいならくれ」と。

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111652j:image

一通り、積まれたゴミも物色したのでこの場を後にする。ちなみに写真には撮ったけど載せるわけには行かない唯一の残留物は病院の明細。もちろん氏名とか色々書いてるものだから閉口したが「何でこれはそのままなんだよw間抜けかw」と思ったのが素直な感想だ。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111736j:image

今回、夜間に行かなかった理由としては「見てはいけないもの」と遭遇しないためです。我々も人の親になったのである程度は我が身を守らねばならんのです。hahaha

 

 

 

このブログを見てこの場所に訪問する人へ。場を荒らさず騒がず静かな見学をしてね!

 

 

 

おしまい