ressentiment、足りてる?

釣りと廃墟と子育て(時々、ヤケ酒)

犯罪の香りを嗅ぎにイこう!in大阪⭐︎

 

大阪に引っ越して2年目の冬でござい!

全く土地勘のない状態からある程度はわかるまでに成長したキリです。

 

 

 

 

秋ですね、て言うか1年すぎるの早過ぎません?息子、気付いたら立って少し歩くまで成長してるのに対して特に目に見える成長がない私でございます。何故や、何故私は成長してへんねん、何が起きてる?

 

 

 

さて、今回は久しぶりの奇怪でも廃墟でもなく犯罪の香りを嗅ぎに行ってきました。今回は珍しく?オットがちょっと気になる場所があると言い、聞いてみると大阪で跋扈していると言う車の盗難とそれらやパーツが海外への流失に関係する話だと言う。 

 

 

少し話が逸れますが我々は共通の趣味に釣りがあり大阪のあらゆる釣り場に時間が許す時に出没しておりまして、入国者に超絶警戒中の海を見た時は異常性を感じたものです。

 

 

 

それとまあこれは噂話程度で耳にしただけですがコンテナに詰めてしまえば分からないと言う理由で盗難車、パーツ、他色々と違法なものが流入出する場だとか何とか。まあ海沿いの開かれた場所ならではの話何でしょうけど。

 

 

 

 

そんな訳ありの車の墓場、あるいはパーツを抜き取られた安置所とそれを放置し続けている大阪某所の気味悪さを味わいました。

 

 

 

 

f:id:jidaraku91:20201107111709j:image

某所に到着。もうすでにヤバイ。

高級車が多いのがまたなんとも言えない。奥に見える軽なんて捨てるのを前提に車内がゴチャゴチャです、これについては後半に。

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111635j:image

パッと見、普通なんですけどナンバーがない。そうか。ここからが墓場なのね。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111656j:image

クラウンの事故車。もちろん、ナンバーや特定出来るようなものは何も残されていない。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111605j:image

放置が長い車は煤が広がり猫の足跡が残る。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111639j:image

H28と書かれています。不正駐車として認識してから何年経過してんねんって言う話。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111630j:image

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111618j:image

事故車でも何でもなくホイールもそのまま、とても綺麗な状態の高級車が煤を被ってナンバーを無くし何台も止まっている異様な雰囲気。こんな場所はなかなかお目にかかれない。時々、車の墓場みたいな廃墟もありますが高級車が並ぶ場所は見たことがありません。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111649j:image
f:id:jidaraku91:20201107111718j:image

ちょいちょい破られてるのは近所のガキンチョが遊びでやってるのかな?

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111621j:image

ここで登場。捨てられるべきして捨てられた車たち。

軽や普通車に多い印象でした。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111704j:image
f:id:jidaraku91:20201107111600j:image

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111723j:image

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111728j:image

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111741j:image

ペットキャリー、小型の爪とぎ、女性ものの衣類などが一緒に捨てられていました。当然、身元が分かるようなものは残されていない。

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111732j:image
f:id:jidaraku91:20201107111644j:image

車以外にも不法投棄も始まっているようだった。

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111745j:image

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111626j:image

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111613j:image

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111714j:image

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111556j:image

これとかもうね、乾いた笑いすら出ない。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111700j:image

改めてみると手前のレクサスは一番新しい放置車なのだろう。

 


f:id:jidaraku91:20201107111609j:image

まだまだ動きそうな車が多い中、私が強く思ったのは「どれでも良い、捨てるくらいなら1台くれ。クラウンかレクサスでいい。色が黒だしコーティングも綺麗だし本当捨てるくらいならくれ」と。

 

 

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111652j:image

一通り、積まれたゴミも物色したのでこの場を後にする。ちなみに写真には撮ったけど載せるわけには行かない唯一の残留物は病院の明細。もちろん氏名とか色々書いてるものだから閉口したが「何でこれはそのままなんだよw間抜けかw」と思ったのが素直な感想だ。

 

 


f:id:jidaraku91:20201107111736j:image

今回、夜間に行かなかった理由としては「見てはいけないもの」と遭遇しないためです。我々も人の親になったのである程度は我が身を守らねばならんのです。hahaha

 

 

 

このブログを見てこの場所に訪問する人へ。場を荒らさず騒がず静かな見学をしてね!

 

 

 

おしまい

肥大型心筋症の急性期を迎えて1ヶ月が経過するので前回の診察とまとめ

f:id:jidaraku91:20201006204532j:plain

 

 

 

 

先日、通院日でした。

何と胸水は全く溜まっておらず腎臓の数値も健康そのものと言う結果に!

水を飲むこと、排泄をすること。この循環が自分で出来るので利尿剤を卒業しました。とは言え次回の診察で胸水があれば利尿剤の再来になります。今のところ2週間に1度の診察サイクルで普段は病気になる前と変わらない生活をしています。

 

 

 

 

ただ薬は2種類になり一方は粉薬です。ピモハート(錠剤)で心臓を動かしてもう一つの薬(名前忘れた粉薬)で心臓が動き過ぎないように調整すると言うものです。なので猫同士でちょっと戯れあう位で息が上がっていたのに今はそれもなくなりました。

 

 

多頭飼いなので猫の排泄の管理が難しくてウンチは個性があるんだけど尿ばかりは分からず、猫部屋と人間の部屋の行き来をしていたんだけどやっぱりデリダは猫と過ごすのも猫部屋にある椅子が好きで私もその部屋でほとんどの時間を過ごすので完璧に管理は出来ていないなあと反省しつつ、私がデリダだったらどうしてもらいたいだろうと考えて基本的には好きにさせています。

 

流石にはしゃぎ過ぎていたり負担かかり過ぎでは?となれば人間部屋に移動しておやつで甘やかしてって感じです。こんな病気になって欲しくなかった。

 

 

だけどこの病気になってから毎秒、見るたびに、デリダが喋る度に愛おしさが募る。そして私はこんなにも生き物を愛することが出来る人間だったのかと知る。

 

 

私の大好きな内田百間先生の本で「ノラや」を最近はよく思い出しています。あの百鬼園先生の無骨な愛と愛猫との別れ。読後の感想と今の感想は全くの別物に変わる。

 

 

人生はやっぱりいろんな事が起きた方がいい。苦労は買ってでもしろと言うけど苦労はさようなら、多角的に物事を見ようと思いながら思考狭窄しがちな私は物語で想像をするより経験から読めるものが増える愚者タイプだなと実感。

 

 

うちに来た猫たちはみんな縁があった子たち。

共に良い人生を過ごしていきたいと強く考えさせられる。

私は猫たちのことが大好きでそれは片思い、あるいは下僕としての関係かもしれないが時々に猫も大概、私の事を好きだよなと思う時がある。腕枕をされて幸せそうにうたた寝、こんな所よりモフモフしたものもあるのに選んでそばに来てくれる時は嬉しい。

 

 

猫は人生、人生は猫と共にある。

いや!わっしそんな猫好きじゃないと思ってたんだけどね!

大好きだわ、猫。

 

 

 

まとめ

デリダの経過は良好

・でも心疾患なのでいつ何があるかは分からないよ

・猫もみんな素敵な人生を送りたいよね

 

 

そんな感じ。

ではまた!

 

 

 

胸水を抜いてから2週間が経過しようとしています。

 

愛猫のデリダが肥大心筋症により低体温の上で胸水を抜く処置を終えて2週間が経過しました。処置の翌日の検診、1週間後の検査で予後は良好となりました。

 

 

「あ、もう死んでしまう。本当に死んでしまう」と言う数日間から日が経過して、普段通りにカリカリを食べたり自分で好きな場所に移動したり階段の上り下り、高いところに登ってみたり此方としては「おいおい、それ心臓大丈夫かよ」と思わずツッコミそうになる位に回復して嬉しい毎日です。

 

 

明日は経過確認の検査があります。

今回も胸水がないことを願うと同時に本番はフロセミドを完全に抜いてからきちんと排尿をして水を飲んで循環してくれるかどうかと言う部分が課題になってきます。

 

 

生活の中に元気に過ごしてくれるデリダがいることがこんなに嬉しい。それなのに何故か、またあんな風に口で呼吸をして涙を目に浮かべるデリダを見る日が来るのかもと思うと本当に心の底から冷える。

 

 

いつか来る別れは「今日や明日かもしれない」と言う状況から脱したはずなのに、私は未来に起こり得る最悪が頭から離れてくれない。額にキスをする時、匂いを嗅ぐたびに一生忘れたくないと思いながら接してしまう。

 

 

もちろん、他の黒猫と白黒猫は健康で猫らしく過ごしてくれている。それにデリダは薬のタイミングで猫部屋から出て自分だけの時間、自分と人間だけの時間を作ってる。黒猫と白黒猫が喧嘩すると三つ巴になろうとするから適度に控えさせる。

 

 

 

NOTEの方で育児ノイローゼやら自分の精神疾患が芳しくない事を整理がてら書いてたけど、デリダの一件でランナーズハイと言うか常に緊張感があって夜も眠剤入れてもろくに眠れず朝は早く目が覚める。身体を休めようと努力してるんだけど難しい。

 

 

まあ彼是と難しいだの、どうしようと言っても仕方がないので元気なデリダがいる、元気な黒猫も白黒猫もいる今を生きようとそこだけに集中しようと努力することにした。

 

 

性格なんだよね、先々の事を考えて最悪のケースとかリスクを考える。回避策があるものは対応して迎えるしかないものは直球で受けてしまう。そろそろ生き上手になりたい。

 

 

薬の飲ませ方は相変わらず、お皿に出したら普通に食べるorカリカリに潜ませるだけで簡単です。手のかからない子だなあと思うと同時に金は超かかってるんだよなと思うと何故か笑えてきます。

 

 

何度も書いてるかもしれないんだけど猫ちゃんが大好きで一緒に生活している人、子猫でも老猫でも一度は絶対に検診に連れて行ってあげてください。肥大心筋症は胸水を貯める段階までいかなければ生存率、生存年数はグンと上がるようです。そしてこの病気は私たちのように進行して初めて気付くケースや、死亡後にわかることが多いそうです。

 

 

ちなみにデリダは9月頃に病院に行っています。その時は何も言われませんでした。気づきにくい事もあるようです。検査も安くないかもしれませんが治療費や手術費は自由診療なので病院によって差異はありますが、決して安い金額ではありません。もちろん薬も亡くなる日まで飲み続けることになります。1日2錠、1錠で100〜200円が一般的な価格です。

 

 

そして腎臓へのダメージもあります。デリダの場合、まだ3歳で若猫でガッツがあったから奇跡的にここまで回復できた部分が大きいです。これがもし老猫のフーコー(黒猫)だったらと考えると背筋が凍ります。

 

 

まあ簡単に言いたい事をまとめると

・明日はついに検診で胃がいたい

・検査(採血やらエコー)と薬(2週間分)で万越えするぞ⭐︎

・ここに胸水が溜まっていた場合はまた別途処置料で+?万だぞ⭐︎

・病気の進行がありませんように

・私の願いはデリダを楽しいニャン生にして苦しい思いもさせずに自宅で看取ること

・何歳でも良い、生きていてくれれば。できれば10歳までは!と無理な神頼み

 

 

そんなわけで検診が終わったらまた書きます。

メンヘラ具合についてはNOTEの方にこれから書いて更新しようと思う。

頑張って?生きていこーぜ!クソ!人生はクソだが遣り甲斐があるよな!

 

 

終わり