ressentiment、足りてる?

心霊と廃墟の飲酒ブロガー

【妊婦健診】7ヶ月検診に行ってきた話

f:id:jidaraku91:20190122231724j:image

いや、お前なんで胎児なのに渋いこと言ってんだよ!

 

 

となるトツキトオカというアプリがある。これは今日が何週目なのか即座に分かり、胎児の様子や身体に起こる変化について書いてあったりして便利である。

 

 

というのも妊娠中は前期、中期、後期でマジでホルモンバランスに変化がある。バランスが変われば体質に影響が出るし、そこに不便さを感じればストレスになるのは当然なことでそれを上手く理解してコントロールしようと努めるのが人間としての役割だが、妊婦になった自分の体を知るのに程よいアプリだと言える。

 

 

まあ己を知ったところで思うように生活したりコントロール出来るもんでもない、というのは現実的な今の答えなんだけどw

 

 

 

そんなわけで7ヶ月検診に行ってきた。

検診内容は省略する。とりあえず色々やった後に毎度お馴染みのエコーから胎児の様子を見てみると、前回よりも大きくなってるのが画面に収まらなくなってきた胎児の具合からよく分かった。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20190122232411j:image

今回はこんな紙ももらった。産まれたてホヤホヤの赤ちゃんを見たのは随分昔の事だから思い出せないが、過去に見た赤子の手の大きさと胎児としての手の大きさは大して変わらないように思った。

 

 

赤ちゃんとして殆ど完成されてるじゃん!

という感想である。しかも胸のすぐ下まで赤ちゃんスペースとして私の体は確保されていると思うと妙な恐怖感がある。「妊婦は二人の体だから」といったことを昔からよく聞くが、マジのホントの見事に二人なんだなという恐怖感や緊張感のようなものが突然、湧き上がった。

 

 

 

そして襲いかかったのは妊娠糖尿病という現実である。

私の母や祖母は糖尿持ちであった。父は高血圧であり、そりゃあもう因子としては最悪で胎盤の完成によりインシュリンがクソとなった。余談だが産後に落ち着く事が殆どらしいから、まあ調子に乗った食生活は控えたいところである。

 

 

 

2018年の4月に精神科で採血した時は健康優良児だった私が見事、同年の12月に「妊娠糖尿病の予備軍かも」という話が浮上してここ数日のうちに検査を受けることになった。ヒェ〜。

 

 

 

健康優良児として産みたいのは誰しもが願うところである。食生活の見直しは指導通りに取り入れたいところだが、いまのところ指導らしいことはされてない。強いて言えば「トマト食え」だの「塩を控えろ」くらいのことだ。

 

 

 

検査の内容や、結果についてはまた追って書いていきたい。

 

 

妊婦になる前は妊娠出産レポはどこに需要があるのか分からなかった私だが、今ならわかる。例えば電化製品、美容整形、コスメのレビューやレポを読むように妊娠出産もまた下調べや他の人はどう感じたかが気になるものなんだな。

 

 

 

未だに分からないままと言えば「マタニティフォト♡」とか「ベビたんはやくお顔見せてね♡」みたいなノリである。

 

 

十月十日かけて育ってくれな、元気に産まれてくれなと思う。思い方はそれぞれなのだから何でもいいと思ってはいるものの、もうちょいこう、王道の妊婦感性を少しは持つものなのかな?と少し思ったがそんな事はなかった。

 

 

 

さて、明日は分娩予約をとった病院内にある精神科で現状の話をしてこなければならない。産科の人々が私の現状を知り、対策を作るために必要らしいから色々と赤裸々に症状を語らねばならない。

 

 

 

当然だが妊婦健診はそれなりに緊張するし、また精神科も違った緊張をする。そしてその翌日には検査が控えているのだから妙な疲れは感じてるものの、睡魔は一切感じない。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20190122235803j:image

今日からの数日は眠れない、眠りの浅い日々を過ごす事になりそうだ。眠剤が使えないのは本当に不便だなと感じる。自分の体や子供の事だからしっかりしたいのは当然なのに寝惚けて言うことを忘れたり、下手をするのでは?と考えるとやりきれない思いがする。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20190122235820p:image

私一人がしっかりすればいい話なのに、思うようにしっかり出来ないものだから心底からやりきれない。それでも一日一日と本当に戸籍上、母になる日が近付いているのだから緊張する。気張ってもダメだし手を抜くのも違う気がするから「これでいいのだ」という点をはやく見つけておきたい。

 

 

 

出産は痛いだろうから怖いし、産後は何か色々変わると聞くから怖いし、育児や教育は不安ばかりが浮かぶ。そんなときに考えるのは「このチビはどんな顔でなにを好きになるんだろう」といった想像で、それが何故かこう気が休まるキッカケになるから不思議だったりする。

 

 

 

まさかこれが…噂の…母性とかいうやつなのか…?

 

 

いや、知らんわ。

実際、どうなの?

 

 

▷つづく

 

分娩予約をしてきた話

f:id:jidaraku91:20190109174054j:image

 

分娩予約して来ました〜!

「分娩予約ってなに?」て感じですよね。分かります、なんせ私もぜんぶ初めてなので色々分からないワードばかりです。

 

 

そのくせ「知ってて当然でしょ?」という世間や医師の狭間で呻いております。知らねっつの!

 

 

 

分娩予約というのは「産みますよ!」と病院と約束すること。私の場合は個人院で妊婦健診を受けて、特定の期間を過ぎたら分娩予約をした総合病院でお世話になります。最初から総合病院に通ってる人もいるし、産院をこだわって探し出す人がいたり様々だ。

 

 

 

ちなみに分娩料金や妊婦健診は病気ではないから、基本的には自由診療

だから病院によって料金に高い安いがあるものの、検診には区役所で貰える割引冊子があって高額な料金を請求されることは無い。また、国保や社保に加入にしていれば手続きを済まるだけで出産後に42万支払われるシステムもあったりする。

 

 

出産一時金の42万円でお釣りが出る産院もあるし、私みたいにクッソ高額な差額を支払わなければならなかったり本当色々。

 

 

 

他にも助産制度とか色々あるみたいだけど詳細を知らない。とにかく色々あるくせに誰も教えてくれない世界だ。

 

 

知らない事があれば医師が丁寧に説明してくれる、なんて事はなくて普通の病院と違うなあという感想。説明してくれるところもあるんだろうけど大分端折られるから私は医師とよい関係を築けていないのが現状だったりする。

 

 

症状の説明は医師の義務なんだけどね、、と思ったりもするけどあまりにも私が通う病院は混んでいて遠慮してしまう。説明を求めても一言二言で終わるしね。そんなあっさい知識ならネットで流し読みしたっつーの!と思って聞き流す時間になるから諦めた。

 

 

ちなみに現在のマイベイビーは逆子。帝王切開の可能性がグイグイだからみんな祈ってくれ、腹を裂かずに済むのが一番だもの。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20190109175835j:image

そんな訳で新年号ベビーの出産に向けて色々と準備中で心の準備は日によって、出来たり出来なかったりしてる。だってお産なんて怖いに決まってる。

 

 

最近やってる事といえばお産レポを読んでいて、千差万別で色んな捉え方や感じ方があるのが出産なんだなあと感じるばかり。なにが痛くて、どれが特に痛かったなんて人によって違うから心構えなど出来る訳がないのだ。

 

 

ましてパニック障害広場恐怖症を持った私である。陣痛中にぽっくり気絶なんて視野視野、と思いながら怖いものは怖い。楽しみ半分、怖さ半分と言ったところだ。

 

 

 

↑ここまでの話を検診までに投稿するつもりが、すっかり忘れて今日になった。ちなみに今日は妊婦健診の日だったからその感想は今から書いて適当にまた公開していく。

 

 

 

ファ〜〜。出産、怖いよ〜〜〜。

パニック障害広場恐怖症の人たちはどう出産したかマジで気になるけど、怖くて検索出来ない私の弱さ。帝王切開のレポですら恐る恐るしか読めない。しかし心構えや、ある程度の知識は出産までに持つべきだとは思うから頑張って読もうと思う。

 

 

ファ〜。でも怖いよ〜。

 

 

 

ネコォ〜。

f:id:jidaraku91:20190122230850j:image

 

 

 

▷検診の記事につづく

2018年を振り返ったら来年の抱負に押し潰された話と今年できたモノ。

 

 

クリスマスも終わって本格的?な年の瀬を感じているキリだよ。寒波のおかげで猫たちが寄り添ってくれたりして最高な毎日を送ってるよ!

 

 

 

2018年に入ってこのブログは二周年になりました!

f:id:jidaraku91:20181229075540j:image

この2年の間で出会い、今も変わらずに繋がってくれてる方々や見守ってる人々、ありがとうです。更新頻度が落ちてアクセス数はかなり減ったしこれからも方向性は変わるかもしれんけどブログは続けていきたいからよろしくな〜。

 

 

f:id:jidaraku91:20181229075835j:image

初夏までアホみたいに酒を飲んでいた私の酒ツイートがなくなった事をお気付きだろうか?

おはようストロングゼロをして、昼酒、夕方の散歩ストロングゼロ、そして晩酌。寝る前の酒と肝臓を殺す日々を送っていた。端的に言えばクズ。

 

 

たぶん天神祭からそんなに経ってないくらいから「なんか酒が飲めない」とか「体調が悪い気がする」と言ったボヤきを入れてたんだけど、妊娠してたんですよね。

 

 

 

 

妊娠してた🤰

いやホント早く言いたかったんだけど安定期入っても不安定な毎日だった。出血はするし痛いしダメかもしれんと思う事が何回もあった。

 

 

んで今はもう安定期に入って妊娠中期と言われてる頃に到達した。胎盤が完成したり、つわりとかの不調が落ち着いた感じ。ここまで超長かった

 

 

梅田から今の家に引っ越すのを機会に転職を視野に入れてみたら妊娠ですよ。そしてニート化して今に至り、「何かやらなきゃ。でも」という葛藤を日々感じながら今日も生きている。

 

 

率直な感想だけど妊婦生活ってべつに面白くない。

私の場合に限った話だけど腹は出て重たいから腰をイワすし、疲れやすくなったし、怠さや眠たさが異常になったと思ったら寝つきが悪くなる。

 

 

薬は飲めないし必要なものは増えていくし、お腹が張ってきたら気を遣いすぎてハゲそうになるけど異変なんて自分しか分からない。伝えても何の解決にもならない。

 

 

ちなみにお腹が張ってくる感覚は腹が固くなるのよね。固くて更に重く感じる。婆さんが言うには「赤ちゃんが疲れた証拠」とか何とかで真相は謎だが、重くなったら安静にする。

 

 

思うように動けないってのはパニック障害になりたての頃から言ってるけど不自由で退屈だ。パニック障害の症状も薬の関係や神経系の働きが変わってきたことで悪化した。超グズった。

 

 

 

何なら妊婦健診で椅子がなくて立って待つ妊婦さんがいるくらいのレベルの待合室にて、久しぶりのパニック発作を起こした。

 

 

マスクは付けられるは、脈測られるは、服の上からベタベタ触られるはで嫌な気持ちになった。たかがパニック発作でと思ったけど私ではなく、赤子のためなのだからと考えた。

 

 

 

今年、得たものは家族。

家族って言葉に虫酸が走るし死ぬほど嫌いなんだけどね、安いドラマみたいで。そんな捻くれた私が母になるのだから問題が過ぎる点においては目を伏せよう。

 

 

兎に角、不自由なく好きな事を探求出来る人生を歩んでほしいと今から思ったりする。本人の好きなように生きろ、成人まではサポートできる親でありたい。過去を振り返ると本格的にサポートされたくなるのは成人後だったりするけどw

 

 

 

 

そんな訳で来年に男を出産する。

f:id:jidaraku91:20181229082216j:image

暇だから「妊婦をやったらこうなった」みたいな記事をカテ別でまとめておきたい。暇だし…

 

 

 

おしまい